あなたのオーラは何色でしょう「もしも喧嘩をしたら」



実は喧嘩になりやすい派

赤さん・オレンジさん・ピンクさん・青さん・緑さん



■赤オーラさん

赤オーラさんは、正論で熱く話し合います。 ヒーロー願望が強いので、ヒーローにふさわしくないことはしないのですね。 本来とてもグラウンディングできている人ですから、人の話をよく聞きますが、 結局は自分の主張は譲りませんので、ときにキレます。


■オレンジオーラさん

オレンジオーラさんは、自信があるので自分の主張は譲らないというタイプです。 普段は人情味があり感情を大切にするのですが、 その感情がネガティブな方向へ走るとちょっと怖いのです。 そして結構、根に持ちます。

​赤レンジャーさんもオレンジさんも、冷却の時間が必要ですから、意見がすれ違った時は、その時すぐに話し合わない方がいいですね。


■ピンクオーラさん

ピンクオーラさんは、実は怒ると怖いんです。 元々甘えん坊でわがままなところがありますから、理屈は通じません。 嫌なものは嫌!です。子供のような怒り方をします。 ただ、突然違うことで褒めてみたりすると、ケロリと機嫌が直ります。


■青オーラさん

青オーラさんは、喧嘩と言うより議論になりますね。 理屈で納得したいので、納得するまで話したがりますが、納得するとあっさりと話を切り上げます。


■緑オーラさん

緑オーラさんも、きちんと話し合います。 緑さんは、みんなにとって良い落としどころを見つけようとします。 なにが正しいか間違っているかを争点にはしません。 ただ解決するまで話を蒸し返しやすいというところがあり、ちょっとうんざりされます。


そもそも喧嘩にならない派

黄色さん・白さん・紫さん・水色さん


■黄色オーラさん

黄色オーラさんは、喧嘩になっていることに気がつきません。 相手が怒っているだろう事がなんとなく解っていても、それに乗りません。 たぶん興味がないのでしょうね。


■紫オーラさん

紫オーラさんは、なにも言わずすーっとその人から離れます。 もうすっかりその人を意識の外に出してしまえる人ですね。 没頭する趣味があったり、集中してやりたいことが常にあるので、 喧嘩に費やす時間がもったいないのでしょうね。


■白オーラさん

白オーラさんも喧嘩にはなりません。 そうかそういう意見もあるかと受け止めて、その場で答えを出さないでしょう。 全てのことが解決できるわけではないと、知っている人です。


■水色オーラさん

水色オーラさんは、我慢をしてしまいます。 受け止められないことも、飲み込んでしまうので、ちょっと辛いですね。 ただ癒やしと浄化の水色さんは、元々攻撃対象になりにくいのです。 だから水色さんのストレスは、攻撃されることよりも、人の喧嘩を見ている時に胸が痛いということでしょうか。


​お相手が喧嘩にならない派さん達の場合は、追うと逃げます。 静かな優しい声で「ちゃんと話し合いましょう」というと、それで解決に向かいますよ。


 

さて、あなたとあなたの大切な人の色は見つかりましたか? 喧嘩はしないに越したことはないですね。 しようと思ってするわけではありません。 でも万が一相手の地雷を踏んでしまった時、または自分の地雷を思いっきり踏まれた時は、 この記事を思い出して「この人は・・・なにオーラだろうか・・・」と観察してみてください。 そんなこと考えているうちに、喧嘩にならないかもしれません← ご自身とお相手の特性に合わせて、大事にならないように切り抜けてみてくださいね。