赤オーラさん・オレンジオーラさんの攻略法

会社の同僚や上司、ママ友や、お姑さん小姑さん。 憧れのあの人や、恋人、夫、子供達。

上手に付き合っていきたい人や、好意を持ってもらいたいと思う人はたくさんいますね。 一番いいのは自分を偽らずに、ありのままでいることです。 無・邪気でさえあれば、あなたはそのままの自然な状態が一番素敵だからです。

でもなかにはどうしても相性の良くない人がいることもありますね。 そんな時はそっと距離を取るのがお互いのためにいいのですけれど、 現実問題としてなかなかそれができない場合があります。 そんな時のためのオーラ別攻略法をお教えします。

あなたがあなたのままで、気になるあの人とお付き合いする方法です。 この攻略法は、恋の成就にもお役立ていただけますよ。 この方法だと、自分を偽ることなく、あなたの好意を上手に伝えることができますし、 それがきっかけで好意を持ってもらうこともできるかもです。

ぜひ楽しんで実践してみてくださいね。

前回のオーラ別行動パターン《あの人のオーラは何色でしょうか》試してみていただけましたか? あなたの気になる人はどの対応をするのか、実際に試すことができなかった人は、 「箱の中の箱」のオーラ診断の結果の一覧から、 想像でも構いませんので、当てはまりそうなオーラを探してみましょう。


【赤オーラさんの特徴はこちら












・情熱的

・努力家

・ストイック

・やる気満々

・正直者

・勝ち負けにこだわる

・攻撃的

・現実的

・地に足がついている

そんな赤さんが好きになるのはこんな人

・華がある

・自由奔放

・甘え上手

・行動力がある

・わがまま

・根性がある

・大胆

赤オーラさんはどんなに地味な服を着ていても存在が派手な人が多いです。 同じように、親しくなる人にも華やかさを求めます。 見た目にハッキリと解る「華」が好きですので、赤さんと仲良くなりたい人は、重厚感のあるビンテージものや、 時にはブランドものを身につけたりしてみると、見る目が変わりそうです。

実は包容力のある赤さんは、ちょっと危なっかしい自由奔放な人が好きです。 子犬のようなやんちゃで従順な人を可愛がりたいのですね。 ただし、基本優しい人ではないので、 うっかりミスなどにはかなりイライラしますから、気をつけてください。

職場では目標を持つと、寝食を惜しんでも達成したいのが赤さんですから、 それについていくだけの根性と行動力が要求されます。 一度心底信頼すると決して裏切らない赤さんは、相手の裏切りも許しません。 味方にすると最高ですが、敵に回すととても怖い人です。

赤さんは、誰と親しくするのかを自分で決めたがります。 人からアプローチされるのを好みませんので、あくまでも受け身で、 こちらから距離を縮めようとしない方がいいかもしれませんね。 また意外ですが、露骨に褒められることを嫌いますので、好意は態度で示しましょう。


【オレンジオーラさんの特徴はこちら












・自信がある

・自己肯定

・持論がある

・頑固

・プライドが高い

・責任感が強い

・アイデアマン

・意地悪

・やたら明るい

そんなオレンジさんが好きになるのはこんな人

・おだて上手

・臨機応変

・口数が少ない

・メンタルが大人

・平凡

・お洒落

・情報通

とても明るくて笑顔いっぱいの元気印に見えるオレンジさんですが、 同じようなテンションの人が近くにいると静かになります。 自分に自信はありますが、そこを他人と張り合いたい訳ではないので、一歩引いてしまうのですね。 ひとつの場にムードメーカーは一人で良い、というような考えを持っています。 自分よりも注目される人がいると、ちょっといじけますので、 オレンジさんがいるときは静かにしていましょう。 いつも認められていたいという思いがあるので、自分をよく褒めてくれる人のことは大好きです。 とても素直なので、そんなことないよ〜と言いながら満面の笑みで喜ぶでしょう。 自分の話を聞いてくれる人が好きなので、 オレンジさんが語る持論を、うんうんと笑顔で頷いて聞いてあげましょう。

実は子供っぽいところがあり、隠れ甘えん坊のオレンジさんは、大人の対応をしてくれる人を慕います。 「動じない人」が好きなのです。 人との優劣には敏感なので、これといって優劣を感じさせない平凡な人を無意識に選んで仲良くしますから、 オレンジさんの前では目立たないようにするといいですね。

個性的なお洒落と、なぜか「原色」が好きなので、ビビットカラーの小物などを持つと好感度が上がりそう。 流行の雑貨や新しくオープンしたショップ情報などはとても喜んで聞いてくれますよ。


 

赤さんとオレンジさんの共通点はやはり「一番でいたい」という所かなと思うんですね。 それぞれに表現方法は全く違うんですけれど、一番でいたがります。 その邪魔をしないことが一番大切だと思います。 仲違いしてしまったときなどは、こちら側としてはその部分が一番に抵抗を感じるのだと思うのですけれど、 その「一番でいたい」という思いで頑張っている人なので、 そこと戦ってしまうと、赤さんもオレンジさんも引き下がれなくなってしまうのです。 上手くお付き合いしたければ戦わないことです。 なによりも、とても頼りになるし、正義感も強い二人なので、 その部分を長所として認めてしまうと「認められる」ことが大好きなので、その空気だけで満足します。

「戦わない」これが「赤オーラさん」「オレンジオーラさん」の、一番の攻略法かもしれません。